屋久島スプラウトのOUTPUT

屋久島ガイド 【スプラウト】のweblog

奄美加計呂麻シーカヤックツアー

 

4月のサバニ塾でグランストリーム大瀬さんにツアーサポートのお話を頂き、奄美大島に行ってきました。

奄美群島は同じ鹿児島県といえど屋久島から250キロほど離れており海で見ると吐噶喇列島を越えた先にある島になります。

 

私的には今までご縁がなく今回の訪問が初めての奄美になります。初めての場所というのはすべてが新鮮でとても楽しく思い出深い旅になりました。

 

目的地が決まれば次に決めるのは行く時期です。特にシーカヤッキングの場合は天候に左右されやすいのでなるべく天候の安定した時期を選ぶ必要があり、梅雨明けの太平洋高気圧が張りだしてくる7月上旬に例年のグランストリーム奄美加計呂麻ツアーは開催されます。今年は関西のカヤックチーム「alpakayak(アルパカヤック)」さんとのツアーでした。

 

f:id:nims:20180710112355j:plain

大瀬志郎が主宰するグランストリームは琵琶湖海津をベースにフェザークラフトカヤックを中心としたカヤックの旅を提案しています

 

そして最高な時期をチョイスしての奄美加計呂麻のシーカヤッキングツアーだったのですが残念ながら台風7号が台湾の南という日本の近海で突然発生しそのまま北上してくるという予想進路が発覚したのがツアー前日、台風7号の影響からは免れることは不可能なタフコンディション。そんな状況の中からのスタートでした。

 

朝起きるとネットの天気図と睨みあう生活でコンディションの変化を確認しつつも本来漕ぐ予定であった時間を停滞という形で過ごす前半戦でした。

 

停滞は漁師感覚でいうところの時化休み、シーカヤッキングとは表裏一体で停滞をいかに過ごすかで旅の良し悪しが変わっていくほどの重要な時間といえます。朝から酒をかっくらうも自由、筋トレに励むも自由、散歩に出かけるも自由と目の前に突然自由時間を突き付けられます。現代における最高の贅沢の一つですね。

 

でもまあ大抵は天気が荒れているのを理由に対してやることもなく怠惰に過ごしてしまいますがそれもまた楽し。

 

がしかしそんな贅沢な時間も身の安全が確保された空間があればこそ。台風が近づくとアルパカヤックの面々はレンタカーで名瀬、古仁屋の宿に避難。お客様を送り出すと大瀬、タカノリ、俺の3人は各々風力や風向きを計算しつつ陰になるような場所でテントを張り最後の晩餐をやどり浜の名店イソシギで食べているとオーナーのサチヨママが「あんたたちお店で寝てもいいわよ」という有り難いご慈悲を賜りまして無事スタッフ3人の安全が確保されました。

f:id:nims:20180710123442j:plain

 目の前の海を見ながらの天候判断。緊張の面持ちの面々

今回はサブガイドに沖縄から沖縄カヤックセンター仲村尚徳が加わり総勢11名の大所帯となりツアーが催行されました。

 

そしてついに停滞4日目にして早朝からカヤックを漕ぎ出し、小雨降る大島海峡を彷徨います。台風は過ぎたのですが依然として風速16メートル程の南風が前線に向かって吹き続け西日本各地で未曽有の水害をもたらした風です。天気図を見る限り等圧線も大きく風を吹かせる要素が見当たらなかったのですが沖縄の仲村さんに電話で確認するとインド洋の湿り気を帯びた熱帯の風がヒマラヤから東アジア全体に流れ込みそれが台風後の変化した前線に吹き込んでいるとの見解が得られました。しばらく吹き続きそうな気配だったので外洋には出ずに内海の中でのツアーになりました。

f:id:nims:20180710184958j:plain

 

上げ潮に乗り、やどり浜から順調に古仁屋を越えて西側に漕ぎ進め芝浦崎を越えて実久集落に入ると今回のツアー初めての太陽が顔を覗かせ実久のきれいなビーチに一同上陸し南国の透き通るような淡いブルーの海を堪能できました。(写真1枚目)

翌日は再び暴風で実久にて停滞、幸いにも雨は降らなかったのでアルパカの皆さんはバスで加計呂麻散策に出かけて私たちは明日からの天気予報を加味しフネを畳むことにしました。

 

f:id:nims:20180710200822j:plain

5mを越える大きなカヤックも畳んでしまえばバック一つにまとまるのもフォールディングカヤックの魅力の一つと言えます。背後に見える立派なバス停に2日間ビバークさせて頂きました。

 

 

結局カヤックを漕げたのは1日のみという短い時間でしたが停滞を含め現地の海ととことん向き合うことができるのがこうしたカヤックツアーの醍醐味なのだなぁと改めて感じることができました。

 

最後に今回の旅でお世話になりました、やどり浜イソシギのサチヨさん幸久さん、ocean glass の熊崎さん、加計呂麻ガイドのユキオさん、古仁屋のパドル職人、松葉さん 本当にありがとうございました。

ぜひ、いつの日かまた訪れたい場所の一つになりました。

 

youtu.be

 

ニーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stove Life | 薪暮らし

師走に入り、いくつかの寒波が通り過ぎ気づけば冬。太陽から地球がほんの少しばかり遠のき、体温も低下して生命活動が低活性期に入ります。むろん人間も同じで島内の観光業は一段落し、ガイド業は概ねシーズンオフ期に入ります。

 

職にあぶれた私は家族を冬の寒さから守るために木質バイオマス(薪)を探しに出かけます。幸いにも道路わきには今年の夏の台風で倒れたであろう倒木があちらこちらに転がってます。

ここで重要なのは木の種類と状態。暖を取るのに適した木は繊維が密で程よく油を含みよく乾いているものが望ましいです。

https://www.instagram.com/p/BcJnJHMHPfS/

Winter started , shanti sitting to the light position . #stove #dog

薪暮らしに必要な道具の一つにトングというのがあります。炉にくべた薪や炭を動かすときに使用します。火ばさみとも言って同音の苗字「樋廻」さん、なんて方もいらっしゃることから昔から生活になじみある道具の一つだったんでしょうね。

 

先日秋のサバニ塾で来沖した折に仲村さんから素敵な火ばさみを頂きました。

その名も「キングトング

 

テンマクデザイン KING Tongs

その独特の形状は仲村さんが長年シーカヤックガイドととして培ってきた知恵の結晶です。細かい枝から直径10センチ程度の太めの薪までしっかりと挟むことができ、ステンレス製で耐久性にも優れ100円ショップで売られているトング×10回分のコストバリューはあります。

f:id:nims:20171203054038j:plain

家の中に侵入し、夜中に突然シャンシャン鳴き始めるタイワンクツワムシもホラこの通りに傷つけず優しく森の中に返すことができます。

 

f:id:nims:20171203055043j:plain

薪暮らしや焚火やキャンプのお供に、おひとついかがでしょうか?

 

テンマクデザイン KING Tongs

テンマクデザイン KING Tongs

 

 

 

琉球サバニ塾 秋のミーニシ編

今年の夏は舞い込んでくる仕事をただひたすらにこなし気づけば夏も終わり、嵐の度に吹く北風の冷たさが涼から寒に代わる季節  になっていました。連日屋久島にも秋晴れの北風に乗って佐多岬の方からサシバの渡りが観察できます。

 

サシバを見てうずいてくるのは旅心、この風を沖縄ではミーニシと呼び黒潮に乗って北上していた糸満漁師たちはこのミーニシを捕まえて我が家待つ沖縄に戻って行ったと言われています。

 

ということで秋の琉球サバニ塾ではこのミーニシを捕まえて実際に操船して技術を高めるという目的で開かれる予定でしたが、台風22号が発生( ;´Д`)

天気図

 

合宿期間中日に宮城島上空を通過というアクシデントに見舞われてしまい、肝心のサバニには乗れず終いでしたがそれでも集まった塾生で今後の展望や舵取りや漕ぎの座学など内容の濃い3日間になりました。

 

糸満の海人工房さんで展示中のサバニ

台風前の強風にも負けず新しいパドルの感触を全身で確かめる塾生

台風の目に入り晴れ間のうちに漕ぎ稽古

皆さん合宿所軟禁状態の濃密な3日間お疲れさまでした!

 

 

 

 

 

 

第2期琉球サバニ塾

 

水に触れると気分が少し高揚する感覚がはっきりと自覚できたのはもう大人になってからのことだが、それまでも水遊びは好きで小学生のころ通っていた近所のスイミングスクールも飽きっぽい性格の私にしては根気よく続いたものだと今にして思う。

 

そんな原体験が齢40になり成熟した形となったのが先日参加した

琉球サバニ塾」です。是非大きな画面でご覧ください。


sabani_movie1

 

琉球サバニとは沖縄に古くから伝わる伝統的な小舟で帆や櫂(エーク)を使い、日常の移動手段としても使われていたぐらいの乗り物なのですが動力船の普及によって戦後にほぼ失われてしまいました、現在サバニの持つ航海ポテンシャル、エコロジカルな製造方法等によって近年再び注目を浴びはじめています。

 

ですがこのサバニすぐに誰でも乗りこなせるという代物ではなくて、動画の00’40”あたりでグラッと大きく船が傾くのですが静止した状態でのバランスは悪く乗り手はカヤックでいうヒップスナップや乗り位置でバランスを取っていきます。

 

f:id:nims:20170806163749j:plain

*1

 

役割は漕ぎ手と舵取りに分かれます。漕ぎ手に必要とされるのは息の合ったパドリングとその持続性です。舵取りは潮や風を読んで舵を握るキャプテンになります。

 f:id:nims:20170806164812j:plain

古くは糸満漁師の足として北は隠岐の島、南はフィリピンの方までの航海を可能にしたという日本のオリジナルのカヌー文化がそこにあります。

 

今回参加した琉球サバニ塾。2004年あたりに沖縄カヤックセンターの仲村忠明さんの手によって創設され私が今回参加した第2期では滋賀の大瀬志郎さん、岐阜の近藤さん、浜松の鈴木克章さん、という錚々たるメンバーでお互いいい刺激受けながら3日間の充実の合宿を過ごすことができました。まだまだ塾生の参加を募集していますので日本のパドラー、ウォーターマン(女性でも)の方の参加をお待ちしてます。

興味を持たれた方は 

・沖縄カヤックセンター TEL 090-1940-8963 mail info@qajaqcentre.com

 ・グランストリーム     TEL 090-9371-3625 mail ose@granstream.jp

 までお問い合わせください。

SPROUT 新村

 

屋久島に暮らす友人たちへ

私の今回最も注目した点は材料は杉であること、つまりの私の暮らす屋久島島内での資源の供給が可能なところです。身近なものを組み合わせブリコラージュしながら現代を生き抜く、レヴィストロースのいう「野生の思考」の視点を体現し、化石燃料に依存しないクリーンでクールな移動手段を共に手に入れましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:上写真は今回使用したニヌハ3号 伊江島の外洋航海型のサバニです

新年のご挨拶 / 自転車再考

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。と下手すると1年ぶりくらいの投稿になりそうです。

年々減少気味の投稿ですがこれからも低空飛行でやっていきたいと思います。

____________________________________

自転車再考

 

先日久しぶりに帰郷した折に、実家の駐輪場に使われていないクロスバイクを発見し、持ち主の兄に聞くと「故障しているのだけど自転車屋さんに持てって直すと新車が買えてしまう位の高額になる。」ので仕方なしに置いてあるので使うなら持って行ってもいいよ。

ということだったので試しに乗ってみると、後輪がカタカタと動いて危ない感じだったのでリムの歪みとハブの軸歪み、タイヤの摩耗などもろもろの整備が必要だったけど、車以外の移動手段を考えたときにco2フリーな乗り物で貧乏人の私でも持てるものといったら自転車なわけで、近所の用事に積極的に使うことでガソリン代も抑えられエコロジカルな気分に浸れる。

 

ということでなんとか自分で直せそうな目処が付きそうだったのと飛行機で運べそうだったのでそのまま輪行を施し帰りに一緒に持って帰って年末年始の空いた時間を自転車の整備に費やして何とか安全に乗れるレベルまで直してみました。

 

|立ちはだかる壁

後輪を全取り替えして、サドルも替えて乗れるようになり近所の試走も済み、初めてのお使いで事件は起こりました。

妻に頼まれたものを自転車に乗って買いに行くという中学生以来のミッションを達成すべく、近所のドラモリまで坂道を下り買い物を済ませ、上り坂の急な所でギアをlowに入れるとがらっと何かがチェーンに引っかかって走行不能になってしまいました。見るとリアディレイラーがチェーンに引っかかってありえない向きにホールドしています。

 

とりあえず車で迎えに来てもらって、家に帰って検証してみるとリアディレイラーの巻き込みという恐ろしい事故でした。

 

原因はどうやらディレイハンガーが内側に曲がっていたようでもっともチェーンに近い低速の8段目に入れたときにスポークと接触し挟まってロックしてしまったみたいです

 

破損したリアディレイラーとチェーンは適合したものを見つけて手に入れるとして曲がってしまったフレーム一体型のディレイハンガーは20ミリのモンキーレンチで力づくで真っ直ぐに。するとねじ山が部分的破断されていて新しいリアディレイラーが入っていかないので、ねじ山を再生させるために逆側からリアディレイラーをねじ込んで、そっとまた抜いて正方向から再びねじ込むと何とかm10*1.0ピッチが噛み合ってくれました。

 

つづく

ニライカナイからの客人

先日、日帰り縄文杉ツアーに案内させていただいたお客様ははるか遠くアイスランドから来られた人たちでした。

 

私のイメージ的にはアイスランドというとイギリスの少し上ぐらいのイメージでしたが北大西洋の割と真ん中あたりにある海洋島の島国なんですね。

緯度も低く北極圏に近いので寒そうなイメージ(なにせアイスランドだからね)の割には冬の寒さは日本の秋田県並という不思議。

 

それは島の周りの海流が温暖なためという、屋久島にも共通する点もある。

火山活動も活発で2010年に噴火した際、火山灰の影響で飛行機の運航に大分支障をきたしたことがニュースに取り上げられていたのを思い出した。

 

経済の方ではご存じリーマンショックの影響で金融依存型の経済が破たんし、近代資本主義国家の中では珍しくデフォルト(債務不履行)を経験している。

 

島の気候はツンドラ気候で森林面積は全体のわずか1%、しかし昔は25%の森があった模様。つまり見渡す限りの大草原というツンドラ特有の景色がひろがっている

 

生物相は大きな捕食者(クマやトラなど)もなく、彼らの話によると「ノウサギがその辺に歩いてるよ。」とただ彼はベジタリアンなので美味しそうとは思わないだろうな。

というと、ニュージーランドのような鳥たちの楽園なのだろうかと色々情報に触れるたびに興味が湧いてきてしまいます。

 

また、彼らアイスランド人の宗教性の根底にはアニミズムがあり日本の神道屋久島に現在も残る山岳信仰などにすごく興味を示していました。

水もきれいで彼の家の水道はホットを捻ると温泉が出ると、(割と温泉地なんかでよくあるパターンだな) コールド捻ると氷河の水!!がでると。この言葉に私やられました。彼らは水が大好きで縄文杉コース各水場で美味しそうに飲んでいました。

 

また、海流の暖流と寒流がぶつかるために古くから漁業も活発で写真を見るとハリバットやアークティックチャーのほかに、シイラやマグロなんかも釣れているのが不思議ですね、北極圏近くなのに。クジラも多いようでホエールウォッチングツアーなどもあるみたいですね。他のエコツーリズムツアーやバックカントリーツアーなども充実していて、これはわが社としても視察(遊び)に訪れるべき場所の候補として一気にランクインです。

 

f:id:nims:20160624131156j:plain

 

 

サーフィンも近年のウェット技術の向上で徐々に増えてきてるみたいだけど人も少なく夏は白夜で24時間できるから、無人のブレイクが数知れずあるみたいですよ!

 

 

 

 

Big Mother : sporningseason of seaturtle \ アカウミガメの産卵

 

空がうっすらと明るくなる頃、眠い目をこすりながら海に向かうという行為は自分にとってある意味神聖な行為であり、とても大事な時間。

 

と振り返っては思うものの内心は早く海を見たいのと一体どんな波が来ているのかの期待でいっぱいだ。

 

今朝も種子島から上る朝日を右手に受けながら近くのビーチを歩いていると遠くの方で見慣れない大きな岩がモソッと動いたような気がしたので注意深く観察すると、ウミガメが産卵のために上陸しているところでした。

 

屋久島の浜には毎年たくさんのアカウミガメが産卵のために訪れます。

永田いなか浜の年間産卵上陸回数が2015年度で約4000回、複数回産卵するとしても少なくとも2000頭以上のアカウミガメが産卵に訪れています。

産卵は通常、カラスや猛禽類などの危険から夜間に行われますが潮回りが大潮から中潮にかけては満潮が早朝/夕方にずれ込むため明るい場所で稀にみることができます

 

 

 

今日出会ったこのアカウミガメは体格も大きく甲羅の厚みもあってベテラン母さんでした。

しかし今年の田代浜は砂の付きが悪く10センチも掘れば石に当たってしまうために本当に大変そうでした。

 

ひと掻きひと掻きゆっくりと砂を掘る様子を観察していると、この営みは一体いつのころから続いているのかと考え始めたら、軽く1万年ほど彼方に意識がすっ飛びまして、もしや此処は?と辺りを見回すと人工物が一切見当たらず、愕然として目の前で相変わらずゆっくりとした動作で砂を掻いているウミガメを見ている自分が縄文人と重なり、不思議な感覚でただボーっとウミガメを見ていたら沖に安房の漁船が走るのが見えて、フッと感覚が戻り、我に返りました。

 

この感覚は初めてではなく、アラスカの原野でハイイイログマと対峙したときにも同じような感じに、沖縄の海でカヤックに乗り沖でクジラを見たときも。

 

この感じ

 

私が自然が好きな理由はどうもそんなところにある気がします。