読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋久島スプラウトのOUTPUT

屋久島ガイド 【スプラウト】のweblog

幻の花を求めて 【ヤクシマリンドウ編】

地球上には植物がいて、たくさんの花が咲くのだけれど、中にはとってもシャイなヤツがいて限られた時間と場所でしか花が咲いている状態にお目にかかることが出来ない花

 

そんな花にかぎってその容姿を見ると魅了されずには居られなくなります。

 

今回は前回2012年以来のリベンジです!

 

ヤクシマリンドウについて


ヤクシマリンドウは屋久島の主要稜線上の花崗岩の割れ目にしか咲かない小型リンドウの仲間で、近年盗掘によって個体数が極端に減り、絶滅危惧植物になります。

8月の終わりに太陽が当たると花弁が開きます。太陽光が当たらないと開きません。

つまり受粉可能な時間が極端に少ないのも個体数が増えない理由の一つかもしれません。

 

当日は前の晩に季節はずれの前線が抜け、この時期には珍しく1日中お天気に恵まれました。例年だと大抵湿った南風が遅くとも昼には雨雲を作るのですが、この時吹いていた風が北東風で、乾いた大陸からの冷たい風が程良く体を冷やしてくれたお陰で爽快に登れました。早朝7時の淀川小屋の気温が14度!まさしく秋日和な1日。

頂上から眺めると屋久島中央部の山域だけ晴れていて、前岳と屋久島周辺部はガスがかかっているので、なんだかおかしな感じでした。

たまに、こういう奇跡があるんですね。山の神様ありがとうございます。

 

f:id:nims:20140905110559j:plain

f:id:nims:20140905110628j:plain

f:id:nims:20140905112657j:plain

イッスンキンカ

 

屋久島ガイド|【スプラウト屋久島】 のエコツアーで自然体験!