読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋久島スプラウトのOUTPUT

屋久島ガイド 【スプラウト】のweblog

シャクナゲbackpacking 2009.5.24

2日目

 

夜半から天気が崩れ始め雨粒が真っ暗な小屋の屋根を叩く音で目が覚める。太もも辺りがちと寒い今回の寝袋の設定温度は華氏45度、摂氏に直すと約10℃前後のサマーシュラフ。ギリギリだと少し寒いのでいろいろ着込んで寝たのだけどやはり寒さで起きてしまった。

 

夜が明けてもまだ雨が降っていたのでゆっくりと朝食をとり8時ごろ小屋を出発し10時に花之江河に着く頃には空は快晴になりピークを見上げると雲がビュンビュン流れているのが見えた。

 

昼過ぎに強風の宮之浦岳ピークを通過し永田岳(1886メートル)へ、雲が丁度永田の方向(北西)から吹いてきて頭上を勢いよく通過していく様にしばし心を奪われるここいらは通称ヤクザサ帯といってハイマツやシャクナゲなどが生える風衝低木林が眼下に広がる。

 

永田岳ピーク近くの祠に御参りを済ませ本日の宿泊小屋の鹿の沢小屋(標高約1500メートル)まで降りる。

 

昨晩よりは暖かく深夜12時に起きた時に温度計をチェックしてみるとなんと小屋の中で21.5℃を表示していた。そのまま朝を迎えると温度は急激に下がり早朝5時30に温度計を見てみると11℃近くまで落ちていました。ハンパない温度差ですね。

 

 

P5240028.JPG