読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋久島スプラウトのOUTPUT

屋久島ガイド 【スプラウト】のweblog

日本神話の視点から

M0010524.jpgphoto by s.ose
「長浜~手打」の神話の件に若干の誤りがあったので訂正&補足させていただきます。
 
 

 

 

まずニニギノミコトの奥さんがトヨタマヒメと記しましたが実はトヨタマヒメは息子、山幸彦の奥さん、つまり義理の娘でした。
 
ちなみにニニギノミコトの奥さんはコノハナサクヤビメ。出会いの場所は笠沙の御碕(つまり野間岬!)。この結婚の件が面白いのだけど興味のある方は「知っておきたい日本の神話」を参照してください。
 
そこで生まれたのが、海幸彦、山幸彦。
 
山幸彦が兄、海幸の釣り針をなくし怒られ釣り針探しの海旅にでる件があるのですが、いくつもの潮目を渡り海の国「ワタツミ」に流れ着きそこで海神の娘トヨタマヒメと出会い結婚するのですが、ちょうどその経過が「野間~甑」の間と妙にマッチしていて、下甑長浜でお参りした神社の祭神が「海神(ワタツミ)」と記されていたのを観て「ひょっとして甑島=海の国「ワタツミ」?」という思いが湧き上がり、しばし神話ロマンに浸ることが出来ました。
 
ちなみに山幸彦の孫が神武天皇だそうです。