屋久島スプラウトのOUTPUT

屋久島ガイド 【スプラウト】のweblog

日記

シャクナゲ登山 

今年は何やらシャクナゲが綺麗らしいという噂を聞きつけ、先日黒味岳にシャクナゲ登山に行ってきました。 ご覧のようにそれはみごとなシャクナゲが咲き誇っていました。 シャクナゲに限らず木にたくさんの花を付ける年は当たり年と称し、反対に花をつけない…

エルニーニョ

今年はなんだか5年ぶりにエルニーニョ現象が発生するみたいでしかも97以降の本格的な規模になるとの見通しが出ています。 自然との距離が近い暮らしをしている私としては少々不安なのですがはたしてエルニーニョが実際に起こると私の暮らしにどのような影響…

愛の伝道師

10月に入りだいぶ秋も深まりました。 家の前の畑の周りのスギ林のてっぺんにサシバが止まり、 ピックイーと挨拶に来る。 コチラもそれに応じ「道中お達者で。」と念を込めピックイーと鳴き返す、 さらに、サシバは声量を強め、「いくぞ!」と鳴くので、こち…

焚火の季節にゃまだ早い

湿潤ラップ

ラップといってもリズムに合わせて言葉を紡ぐ方ではありません。 wrap(覆う)方のラップです。 先日波乗りを終えて足元をみると甲の部分をザックリと切れていました。幅2センチ深さ2ミリくらいのキズでどうやら岩に引っ掛けて切れたようです。通常の処置…

新年明けましておめでとうございます!

皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もsproutよろしくお願い致します。 年越しは、また今年も家族と友人と益救神太鼓を観に行きました。嵐の中の太鼓の音に神の存在を感じました。 と少し遅めですが新年のご挨拶でした。

地魚 土井鮮魚

漁師の先輩、k船長の奥さんkちゃんが土井鮮魚を安房でスタートしました。 この日は遠く西表島から友人の赤塚君が来ていたので魚好きの赤塚君のために美味しい魚を求めて土井鮮魚へ。 事前に電話するとオボソ(スマカツオ)の刺身(たたき)があるというの…

定期健診

先日、縦走の途中で縄文杉に立ち寄ると、普段なら人もまばらな時間帯なのですが何やらそこで作業をしている人たちが見えました。 樹木医の方が現場に居られたのできくと縄文杉の定期検診だそうで、各横枝部分の太さの測定や小槌で叩いて腐食の進行具合など…

屋久島生き物探訪

9月4日 写真家の 尾上 和久さん と予てより約束していたヤクシマリンドウの写真撮影に同行しました。 ヤクシマリンドウはレッドデータにも記載される希少な植物であり屋久島の主要稜線の花崗岩の間に生息する植物で、開花期は8月下旬から9月の上旬にかけてな…

お祭り

先日の宮之浦御神山祭りに引き続きサムズ祭りに行ってみました。 サムズ祭りとは屋久島のサムズというスーパー&ホームセンターが主催のお祭りです。やはり集落が主催するものとはテレビの地上波に例えると昔のNHKと民放ぐらいの差があります。 少し遅れて…

夏の夜

花火を見に行く。 この場所は初めてでしたが宮之浦の夜景に上がる花火もとてもきれいでした。

立秋

暦の上では秋が始まりましたが、屋久島はまだまだ夏の盛りのまっただ中のような日々です。 8月初めには台風が南西諸島の海上に3つも現れ、南日本の天候はしばらく大荒れでした。 屋久島も例外になく、山も、海も、川もしばらく荒れて、仕事の方も悪天のおか…

民主主義?_熊毛郡体育大会

先日の日曜日、鹿児島県知事選が行われました。 投票した人が負けてしまってちょっと考えました。 選挙は多数決ということを今回改めて思い知らされました。一体、負けた人に投票した人の民意はどこに行くのでしょうか? せめて2人なら候補者同士でとことん…

梅雨

梅雨まっ盛りの屋久島です。 上の写真は警報が解除された直後のヤクスギランド本流の橋です。轟音が轟いていました。 梅雨時期のツアーはその日の雨の具合を考慮して内容を変更することが多々あります。この日も早朝4時に警報が発令し荒川登山口行きのシャ…

白谷雲水峡

梅雨入り前の最後の晴れ間に白谷雲水峡に行ってきました。 天気が良さそうだったのでカメラを持ってあがりました。 また、きれいな風景に出合うことが出来ました。 花はヒメシャラの花がぼちぼち咲き始めてきました。

super moon

先日の満月は月の公転周期上で地球にもっとも接近するスーパームーンとやらでした。 近所のカメラ好きのおじさんたちは田代に集い、皆さんおもいおもいに撮影を楽しんでいました。 そんな中、私もカメラを持って駆け付けたのですが、三脚を忘れてしまいまし…

春 その2

立春を過ぎ暦の季節は「啓蟄(ケイチツ)」となりました。 啓蟄とは・・・ ※1 地中で冬ごもりをしていた虫たちが、早春の光を浴びて温もった土を啓(ヒラ)き、這い出してくる、という意味です。(平凡社 「くらしのこよみ」より抜粋) 上の写真はハルオの…

ニホンカナヘビ

暦の上では大寒を迎えた直後に大寒波が日本列島を覆いましたね。 でも今年の屋久島の冬は去年と比べると穏やかな日が多くて最近は外仕事(家事)が捗ります。 チェンソーで薪を切ったり、常にボーボーのお庭も冬は草の勢いがなくなるのでここぞとばかりに庭…

新年明けましておめでとうございます。

年の瀬をまたがり深夜に行われる伝統行事、益救神太鼓。 旧年中はご愛顧の程、ありがとうございました。昨年は歴史的災害が各地に相次ぎ、大変な年となりましたがこうして無事新年を迎えることが出来ました。感謝。 ということで今年もスプラウトやっていき…

秋晴れの白谷雲水峡へ

前の晩にかなりのまとまった降水量の雨が屋久島に降り注ぎ翌日は快晴というタイミングで久しぶりにカメラを持って白谷雲水峡に行ってきました。

くにこおばばと不思議の森

NHKSP20110925 クニ子おばばと不思議の森 from open_box on Vimeo.

台風

来るよ また来るよ はっぴいえんど 颱風

THE Day

ごっつあんでした。

サバニ来る

前々回の投稿でお伝えした、 沖縄から旅を続けてきた「海想」の面々が先日ついに屋久島、一湊漁港に到着した。 帆を上げ、エーク {櫂} を漕ぐ姿を生で見たときは一瞬、意識が縄文時代までふっ飛ばされたような感覚を味わった。 総勢8名、沖縄から宮崎まで…

体感台風

台風6号「マーゴン」 北緯20度線上に、急速に発達していったマーゴンは様々な人々の懸念とともに日本南岸を沿うように北上し、再び南下という遊んでいるかのような迷走っぷりをいまだ見せておりますが、屋久島はだんだんと収束方向に向かっております。 …

サバニトリップ

サバニというのは沖縄に古くから伝わるフネの名称で前後のそりあがったキールやそのほかの特徴的な構造から日本に現存するオリジナルのカヌーです。 近年、サバニ文化を残す運動が盛んになり、毎年6月のカーチベー(初夏の南風)吹くシーズンになると座間味…

質問

再びTEDxtokyo2011ネタで 次にご紹介するプレゼンターはアウトドアフットウエアブランド「keen」のceo、ジェームズ・カーレイさん 「keen」というとサンダルなんかが有名ですね、僕はリサイクル素材のバッグを愛用しています。 プロフィールはコチラ。 相変…

脱原発

震災からもうじき3カ月が経過し、福島第一原発では未だに予断を許さない状況が続いています。 また、情報化社会となった現代では様々な情報がテレビやインターネットで飛び交い多少ならずとも日本中の人々を混乱させていることと思います。 私たちが今求め…

エゴノキ

毎年この時期になるとアスファルトの灰色に所々白い花の絨毯が広がり、そこに立って上を見上げるとエゴノキの花が下向きに咲いているのを見ることができます。

山桜

4月、屋久島の山の合間に山桜の花が緑のモザイクの中を薄いピンク色に染めます。 その様はある種独特で本州においてもこれほど見事な山桜の斜面はなかなかお目にかかれません。 本州の自然林と比べ他の樹種よりも明らかに山桜が多く自生しているのはそこが…

旅人

スーパーカブで日本行脚中の斎藤さんが我が家に突然やってきた。 都内某アウトドアショップのカリスマ販売員だった彼は十数年近く勤め上げたお店をやめて今年から旅にでたそうです。 旅の形は人それぞれですが、斎藤さんの旅はvision questだそうで、次なる…

祈り

3.11の震災から10日間が過ぎました。 被災された方々に心からのお見舞いを申し上げるとともに、現在も被災地で全力で救援・復興活動を行っている方々に感謝いたします。 この10日間という時間の中で不安・心配・恐怖・混乱と様々な思念が頭に浮かん…

久しぶりの更新です。2月中は島の第1次産業アルバイトに精を出させて頂いていました。今月初めには上のような写真の桜も咲きますます春が近づいてきました ですが山では依然雪が残っていますのでくれぐれもお気を付けください。

珍入者

我が家に珍しく鳥が迷い込んできました。 はて、どなた?と頭の中で検索するとなかなか出てきません。間近で見ると鳥って意外と分からないことがありますね。 いつもは個体の特徴+見た場所や時期なんかで複合的に認識するのですが、いきなり家にきたりする…

ロケット発射!

コウノトリ

本日の1枚

明星岳と安房川

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 ここ屋久島でも大晦日から元旦にかけて寒波の影響を受けて我が家の周りにもみぞれ交じりの雪が降り積もりました。 近年、里に雪が降ることはきわめてまれなのですが昔はよく降ったそうです。 それにしても初雪は気分を…

日本海にて

カヤックにサーフボードを載せて、アプローチしました。

出発

盛夏

あっという間に夏本番を迎えております。 夏バテなどされておりませんでしょうか? 先日、食欲も減退しついに来たかと思った夏バテでしたが、ガジュツを飲んだら嘘のように吹き飛び元気になりました。 ガジュツというのはウコンの仲間で別名ムラサキウコンと…

梅雨

梅雨前線が日本列島にどっしりと居座り、九州南部では連日のように大雨洪水警報・注意報が発令されるなか 東京から来た女性を2日間ガイドさせて頂きました。 白谷雲水峡と縄文杉日帰りという当初の予定を変更し、大雨での渡渉点増水を懸念し、初日はヤクスギ…

ながし蟲

毎年、梅雨時期の晴れ間の夕刻、7時から9時くらいにかけて屋久島では「ながし蟲」と呼ばれる白アリの群飛という現象が見られます。 群飛というのは、1群/約数百万 単位の白アリがワッサーと一斉に飛び立つわけです。 ではなぜ飛び立つのでしょうか? 答えは…

梅雨

アジサイの花が美しい時期になりました。 梅雨です。 屋久島の山岳部ではこの時期に東京都の1年分の降水量の雨粒が降り注ぎます。 忙しさにかまけてblog更新を怠っていました。ごめんなさい。 さーカクぞー!

屋久島でウミガメを見る前に...

まずはこちらをご覧ください。 ◇ナショナルジオグラフィック 15周年特別企画 「私たちは、まだまだ、知らない」 story.3 [星の見えない街] 5月も下旬が過ぎ、アカウミガメの北半球最大の繁殖地である屋久島いなか浜は毎夜、亀の産卵という神秘的な瞬間が…

ツアー例のご紹介:その3

岐阜県のkさんより「8月に新婚旅行で屋久島に行くのでガイドをお願いします。」とご依頼を受けました。 kさんのご要望は「5日間の滞在の中で、縄文杉、白谷雲水峡、2日間の西部カヤッキング」をお願いしたいということでしたので まずは大まかな日程を組…

お知らせ

お気づきの方も、いらっしゃるとは思いますがSproutのウェブサイトをリニューアルしました。 一部未完成ですが、これからコツコツと仕上げてまいります。 Macユーザーの方はブログを見る場合はトップページ、サイドバー、のblognews欄よりお入りください。下…

スプラウト屋久島ツアー例:その2

神奈川県のAさん親子 夏休みのk君と一緒にAさんが屋久島に遊びに来られて1日白谷雲水峡を歩きました。 白谷雲水峡は登山ルートがいくつかあって天候や歩かれる方のニーズに応じて無理のないトレッキングルートをご案内できます。 当日は快晴でk君の体力…

スプラウト屋久島ツアー例のご紹介:その1

滋賀県のFさんから今度両親に屋久島の旅をプレゼントをするので屋久島でのツアーガイドの依頼を頂きました。 まずはメールにてご依頼を受け、その後のやり取りで日程を決め、ご本人様のご要望を聞き、無理のないツアープランを組み立てました。 ツアー日は…